大切な準備と質疑応答

保険見直しに保険代理店に足を運ぶに際しては、事前に準備すべきポイントを正しく理解から、持参すべき書類などを漏れなく揃えておく姿勢が求められます。まずは現在加入中の保険契約の証券が必要です。万一紛失の可能性が疑われれば、保険会社に連絡から証券の再発行手続きを取ってください。通常再発行には2週間程度を要しますので、時間に余裕を持ってスケジュールを立ててください

家族次に自分達の現在から未来へのライフプランを思い描き、家族間で共通したビジョンを捉えておく姿勢も大切です。子供が社会人として経済的に独立する、世帯主が定年退職を迎えるなど、現時点でその時期が掴める大きなターニングポイントは、保険の加入内容を修正すべき時期と一致します

また担当者との質疑応答に際しては、正直にありのままを伝える姿勢を徹底してください。虚栄心などが邪魔をして、本来の状況と異なるデータを伝えたり、本来の希望とは異なる内容を言葉にしてしまった場合、それらを基準に保険の見直しが進んでしまい、結果的に実際に必要な契約内容とはズレた、ロスや余計な部分が散見される見直し結果が導き出されてしまいます。これでは意味が無いのみならず、仮に保険料負担が小さくなるメリットこそ得られたとしても、その分無意味なリスクが高まってしまい、決して好ましい展開とは言えません。


・関連記事

  1. 効果的な保険見直しを
  2. 本来の目的を理解する
  3. 保険料が安くなるかも

Posted on

保険料が安くなるかも

お財布保険契約の内容に関しては、当然最終決定権は加入者側に委ねられており、保険料を安くする事を主目的で、既存の契約内容から保険金額を小さくする、あるいは特約を除外するなどの手法を用いれば、簡単にその希望を叶える事は可能です。ですが万一に備える保険であるにも関わらず、いざ保険金が下りた時点で大幅に足りない、あるいは焼け石に水では保険料自体を支払い続けた意味がありません。更に不用意に特約などを外してしまった結果、有事に保証対象外となり、保険金自体が下りない状況となれば、契約している意義自体が見失われてしまいます。

実際に正しく保険料が安くなるケースはズバリ、すなわち無用な保証内容を除外する、もしくは過剰な保険金額に基づき保険料を支払い続けていた場合に限られます。保険の見直しはこれらの判断に通じる、あるいは誤った加入状況に気づく上で重要な作業であり、作為的に保険料を下げるところから着手する作業ではありません。実際に保険見直しの結果として「保険料が安くなって嬉しい」と喜びの声を伝える体験者が絶える事はありませんが、いずれも担当者との十分な質疑応答から、適切な保険見直しを終えた上で届けられたメリットであり、最初から意図して得たメリットではありません。あくまでも「保険料が安くなるかも」の可能性として捉えた上で、見直し作業に臨んでください。


・関連記事

  1. 効果的な保険見直しを
  2. 本来の目的を理解する
  3. 大切な準備と質疑応答

Posted on

本来の目的を理解する

保険見直しに際し、契約者であるみなさんが1番に望まれるメリットはそれぞれですが、保険見直しなる作業の必要性と元来の目的に関しては、共通した正しい認識が求められます。現在有効な保険契約を締結した当時と今では、家族の年齢や生活環境に大なり小なりの変化が生じていて当然です。保険とは家族あるいは契約者本人に万一の不測の事態が生じた際、それが原因で金銭的に困窮せぬよう、自力対応が困難と思われる不足金額を保険金で補う目的で加入する金融商品であり、多くの方々から「お守り」と例えられる理由もここに存在しています。

相談契約当時には必要と判断された付保内容が現在は不要になっていたり、あるいはその逆の状況へと変化していても不思議ではありません。また保険金額に関しても、更に多く必要と想定される、あるいはその逆も考えられます。こうした変化を正しく見極めると同時に、現在有効な契約内容を修正する作業が保険見直しであり、自分達の現在から未来に向けてのライフプランを見据えつつ、ファイナンシャルプランナーなどの保険のプロに保険相談をして、二人三脚で見直し作業を進めていくことが求められます。

昨今大きなメリットとしてクローズアップされている、保険料が安くなる場合もあくまで「結果」であり、必要十分条件を満たした加入状況へ修正した結果、このメリットが得られたのであれば、それは正しいプラスの効果と捉えて大丈夫です。


・関連記事

  1. 効果的な保険見直しを
  2. 保険料が安くなるかも
  3. 大切な準備と質疑応答

Posted on

効果的な保険見直しを

男性多くの保険代理店の宣伝広告の効果は大きく、一昔前には正しく理解されているとは言い難かった「保険見直し」という作業は、今日私達契約者間に、その目的やメリットがようやく確実に浸透して来ていると言えるでしょう。ですがその過程に於いてはやはり、限られた秒数や広告面積内を活用から、新規見込み客を獲得する目的で配信される宣伝故、多くの誤解釈を招き、それが一過性のブーム的に世の中に反映されてしまった感が否めなかったのも事実です。

保険料が安くなるメリットを謳う関連情報は、全ての保険契約者の意識を捉えるに十分以上でした。この部分だけをクローズアップしたメディア戦略は保険代理店としては当然の手法であり、更に旧来の訪問販売スタイルに代わり、続々と来店型店舗が登場したのも画期的な出来事でした。結果それまでは訪問販売がメインの難解な金融商品のイメージが根強かった保険を、家族揃って見直す明るく身近な存在へと「変えた」功績も見過ごせません。

保険見直しのメリットとして、現在月々負担している保険料を抑える効果は確実に得られると言い切っても間違いありません。ですがそこには保険加入の元来の目的である、万一に備えて必要な保険金額の確保という命題が無視出来ません。ここでは以下、保険見直しサービスをより効果的に利用するに際し、私達加入者が正しく理解しておくべき関連知識と、保険料を安くするメリットを得るに際し、見落としてはならない重要なポイントなどをご紹介申し上げます。


・関連記事

  1. 本来の目的を理解する
  2. 保険料が安くなるかも
  3. 大切な準備と質疑応答

Posted on